• 運用保守
    Operation Maintenance
  • 日常起こりうる障害を予測するだけでなく、災害など非常時にも、
    信頼性の高い通信ネットワーク網を維持する為に、
    的確且つ安全に行い、迅速な復旧を目指す体制作りに邁進します!
 経年劣化等予測しうる障害に事前に対処することはもちろんのこと、台風や地震など不測の事態にも安全を確保し、なおかつ迅速な復旧がもとめられています。社会の期待に応える体制作りは一朝一夕には構築できません。設置環境の変化や、機器の進歩に精通しつつ、安全に対する理解を深める日々の努力を怠りません。

保守体制

KDDIの全国12,000kmの光ファイバーケーブルと、これらと一体となった通信設備を保守しております。これまでに培った経験を元に全国27拠点が連携して24時間・365日「つなぐこと」を使命に、早期復旧へ向けての技術力向上の努力を続けています。

品質管理体制

光ファイバーケーブルのシステムによる常時監視に加え、後述するJ-TESのソリューション技術を活用し最新の光計測機器を使用した点検を定期的に実施しています。障害発生時には、より早く障害箇所を特定し、より早く駆け付け、より早く確実な作業を行えるように現場情報の更新を行い、品質管理体制を整備しています。

安全体制・訓練体制

無事故・無災害を目指して、現場の安全を第一に意識した訓練を定期的に実施し、安全体制の確立に取り組んでいます。より迅速に、より質の高い作業を安全の元に実施できるよう努めています。